株式投資を始める際に何から始めるべきなのか?自分自身に果たして適性があるのであろうか?リスクはどの程度あるのか?とすべてが疑問に感じるところだと思います。 そんなときにまずは初心者としてどういったところに注目してチェックをしておくべきかを具体的に挙げていきたいと思います。 まずは何といっても資金の準備です。実際、今は1000株単位ではなくとも、100株単位からでも投資可能になっていますし、投資を促進するための税制優遇、いわゆるNISAもつぃくみが構築されています。さらにいうなら、手数料の面から見てもネット証券を活用すれば、非常に利便性が高いというのが実態です。ですから、背景だけを見ると株式投資を行うにあたって、環境は整っているといえるのではないかと思います。 そして、資金ですが、何といっても株式投資にはリスクが伴います。どこまで行ってもリスクを0にすることはできません。それだけに実際に資産を投じるのですから教育ローンや住宅ローン、保険、生活費といったところでいかに問題ないお金があるのか?これを明らかにしていくことが重要になります。中期的、長期的に見てここに課題があるようなら、株式投資をおすすめすることなかなかできません。あくまでも余剰資金があり、逆に長期的に運用していきたいという思いがあってこその投資になってきます。しかしながら、こうしたプランニングはなかなか難しいところもあります。だからこそ、実際に客観的にファイナンシャルプランナーなどと相談の上、マネープランを明確にしていく必要があるのです。そのうえで資金を明確とし、株式投資を始めていく、これが筋道として一番問題ないといえるでしょう。 そして、自分自身の株式投資への適正についてです。株式投資は何といっても資産を投じる行為です。それだけに事前にきちんとして準備が必要です。それは銘柄選びに始まり、実際に売買するのあたっての売り時、買い時の決め。さらにはいざというときに対応をどう行うか野決定といったところになります。こうしたプランニングが事前にできているかどうかで大きくその結果も変わってくるとになるでしょう。 要するにまじめであり、お金に対して真摯な姿勢で取り組むことができるのかどうかを一番に考えていく必要があるのです。 あまり、感情で左右されて株式を売買するようなタイプは失敗してしまうリスクを伴いかねません。 以上のような適正まで含めて株式投資を考えていかねばなりません。