現在ではFXを運営している業者は数多くありますが、やはりFX初心者の場合は、初心者向きの業者を選ぶ必要があります。手軽に利用でき、資金的負担が少なく、簡便なツールの提供されている業者が最適です。以下のような業者を選択します。

1)高い信頼性

2)最少の通貨単位

3)狭いスプレッド

4)スマホアプリの提供

1)高い信頼性 FX初心者はまず、証拠金が確実に管理される業者が取引の前提になります。現在は全ての業者に「信託保全」が義務化されており、証拠金はFX業者の資産とは別に管理されるため、安全性が高くなっています。それでも、確実な管理の望める以下のような業者を選択することが賢明です。

  • 上場企業または上場企業のグループ会社 ・資本金が高額
  • 多量の口座数 FX業者が上場企業または上場企業グループの場合は管理システムが構築されており、財務面の透明性も高いことから、健全な事業運営が望めます。また、口座数の多いFX業者はそれだけ利用者から信頼を得ている証と言えます。

2)最少の通貨単位 FXは各業者によって取引単位が決められています。過去、多くの業者が取引単位を10,000通貨にしていましたが、最近は1,000通貨の業者が一般的です。中には、100通貨や1通貨で取引できる業者もあります。 取引単位が10,000通貨の場合は単純に、1,000通貨の10倍の資金が必要になります。
例えば、米ドル/円の価格が1ドル:110円だった場合、購入金額は1,000通貨だと11万円、10,000通貨だと110万円になります。ただ、実際に必要な最低資金(必要証拠金)は25分の1のため、1,000通貨の場合は4,400円、10,000通貨の場合は44,000円です。取引量が増えていくことを考慮すると、初心者の内は取引単位の小さい業者を選択した方が資金的負担やプレッシャーが少なくて済みます。

3)狭いスプレッド FXでは、スプレッドが唯一の実質的手数料となっています。スプレッドというのは、通貨の購入価格と売却価格の差額のことです。例えば、米ドル/円の場合は、スプレッドとして0.2~0.3銭を負担することになります(業者によって異なる)。スプレッドは1通貨ごとの費用であるため、取引単位が1,000通貨の場合は、1回の取引で3円、10,000通貨の場合は30円がかかります。 大した金額には見えないかもしれませんが、取引を重ねていくと大きな金額に変わります。FX初心者はスプレッドの小さい業者を選んだ方が負担が少なくて済みます。

4)スマホアプリの提供 FX取引を積極的に行う場合は、いつでもどこからでもチャートを確認でき、また即時に注文できることが必要です。そのためには、スマホアプリが必須であり、専用のスマホアプリを提供している業者との取引が有効となります。