海外FXといえばレバレッジが高く少ない資金でトレードが可能で、なおかつ新規口座開設や入金でボーナスが付与され証拠金として使えます。レバレッジは国内の業者なら最大で25倍になり、現在では10倍に引き下げることが検討され必要証拠金額が多くなる可能性が高いです。一方、海外の業者はレバレッジが規制されていないため最大で1000倍など魅力的で、一獲千金を狙って大きく資産を増やせます。国内の業者との違いは取引がNDD方式のためトレーダーに不利になることはなく、約定スピードが早くて割合も高めです。ほかにも追証なしのロスカットシステムを採用し、入金額以上の損失をせずに済みます。しかし、資金管理が信託保全でないと倒産すれば資金が戻ってこないことや、金融ライセンスがないと約定や出金を拒否される場合もあり注意が必要です。

海外の業者は本社がマイナーな国や地域にあり、両建てが禁止される傾向があります。また、スプレッドが広めで取引コストが増えますが、ECN口座を選ぶと国内の業者なみに狭くなりますがボーナスが付与されないなど制限もあります。ボーナスは新規口座開設や入金の際に付与されますが、そのまま出金すると業者がみすみす損をするため不可能です。ただし、元手にトレードをして利益を出せばできるため、未入金で使い心地を確かめると続けるかどうか判断できます。入出金は現金を使えば銀行によって手数料や着金までに時間がかかり、クレジットカードや仮想通貨などを使えば便利です。トレードをするときは日本円と米ドルまたはユーロの通貨ペアがメジャーですが、スワップポイントをもらうためには南アフリカランドやスイスフランなどマイナーな通貨があるか確かめて決める必要があります。

海外FXをするためには国内の業者との違いを確かめ、思わぬ失敗をしないようにする必要があります。失敗をする要因は日本語サポートがなくてコミュニケーションができない時や、倒産して預けた資金が戻ってこないなどのトラブルが多いです。追証なしのゼロカットシステムはたしかに魅力ですが、レバレッジを上げすぎると損失が出ればリスクが高くなります。また、国内の業者をメインにトレードを行うトレーダーも勧めていないため、事前にリサーチをしてからそれなりにリスクがあることを確かめてすることが大事です。業者を選ぶ際には資金管理や金融ライセンスの有無を確かめ、せっかく利益を出した資金を失わないように計画を立てる必要があります。